DHAやEPAは生活習慣病を予防・改善する?

DHAについて詳細に解説

DHA(ドコサヘキサエン酸)、EPA(エイコサペンタエン酸)は脳の重要成分で血液コレステロールを低下させる働きを持ちます。

 

青魚

 

まず、DHAについてです。主に、うなぎやマグロ、イワシなどの魚の脂肪に含まれている脂肪酸です。特徴はLDL(悪玉)コレステロールや中性脂肪を低下させ血液をサラサラに保つことです。また、唐辛子に含まれるカプサイシンやコーヒーや紅茶に含まれるカフェインと同じように「燃焼リパーゼ」の働きを高め脂肪燃焼を促進します。これらにより、高血圧や脳卒中、アトピー性皮膚炎、動脈硬化などを予防・改善する効果が得られます。

 

またDHAは「脳の栄養素」とも言われていて脳や神経の発達や機能維持に重要な役割を果たしています。眼の機能回復にも効果的で網膜や神経伝達をよくする働きがあります。DHAは特に乳幼児の脳の発達や視力向上、心筋梗塞に欠かせないもので少なくとも3歳まではしっかりと摂る必要があります。妊婦さんでも胎盤を通して赤ちゃんに補給されます。

 

DHAが不足すると記憶力、学力が低下することがわかっています。しかし、摂取しすぎると血小板の凝集を抑制するので出血した時に血液が止まりにくくなることがあります。

 

EPAについて詳細に解説

次にEPAについてです。主に青魚に多く含まれています。動脈硬化や心筋梗塞、高血圧、脳卒中などの生活習慣病やアレルギー症状の予防・改善、LDLコレステロールを減少させる働きがあります。EPAはうつ病、認知症に有効との情報もあります。

 

EPAが欠乏すると血液が凝固し、動脈硬化が起こりやすくなり、中性脂肪やLDLコレステロール増加にも繋がります。しかし、摂り過ぎると、DAH同様血液が止まりにくくなったり、吐き気がしたりします。

 

 

DHA、EPA機能は似ていますが、血液をサラサラにするのはEPA、LDLコレステロールを減少させるのはDHAの方が効果的です。互いに作用を補いながら生活習慣病を予防します。

 

主にサプリメントと青魚からDHAとEPAを摂ってます

昨年の健康診断で、血液がドロトロになっているといわれ、改善のためネットで検索したところ、DHAが血液をサラサラにすることが書かれていました。ふだんは朝食の後にディアナチュラルのDHAを摂取し、昼食か夕食になるべく青魚(サバやサンマなど)を食べるようにしています。

 

DHA・EPAサプリメント

 

ふだん摂っているDHAのサプリメントには、EPAも含まれていますので、EPAも同時に摂取できています。当初はサプリメントを飲み忘れることが多かったので、スマホのアラームを設定して、飲み忘れを防ぐようにしました。

 

またDHAのサプリは値段が少し高いので、なるべくお店のポイントがたまる日を狙って、買いだめしています。今年の健康診断では、血液のドロドロが改善されたようで、他の数値にも異常は見られず、だいぶ改善されていました。